ぷるぷるメルヘン

デリヘルの遊び方

大まかな流れは

  • お店を決めて女の子と遊ぶ
  • 女の子を呼ぶ場所を決める
  • お店に予約の電話をする

女の子がきたら時間を決めてお金を払ってプレイ開始となります。
そして次にお店を決めて女の子を選びます。
まずはお店のホームページをじゅんかいして、これはと思える女の子を捜しましょう。プロフィールの写真はモザイクや目線がはいっていることがほとんどです。写真を修整しているお店も一部あります。写真では色白だけど実際は全然違うとか、まぁけど、しゅうせいしてないお店のほうが多いと思います。
ホームページを巡回して女の子を物色しているときが一番楽しいかもしれません。
お気に入りの女の子が見つかったら、料金体系などをチェックします。お店は値段的に大きく三つにわけることができます。
プレイ時間は

  • 60分で激安店相場一万円前後
  • 普通店相場一万五千円前後
  • 高級店相場二万円以上

というところでしょうか
風俗好きの友人がいましたが、彼が言うには「高級店も激安店も変わらない」らしいです。私は高級店を利用した経験があまりないので、よくわかりません。ただ激安点ははずれが多い気がします。だから激安店なのでしょうね。
理論的に考えてみます。
高級店の女の子とは用紙や接客レベルが高いです。価格は割高ですが、その分女の子のキャッシュバックも多い。
高級店の女の子は用紙や接客レベルが高いです。価格は割高ですがその分女の子のキャッシュバックも多いです。
高級店をクビになった女の子は、普通店にいきます。普通点でもだめだとすると今度は激安店に流れます。とうことで、必然的に地雷と呼ばれる風z苦情は激安店にたどり着くわけです。

 

しかし、激安店にざいせきする女の子すべてが地雷嬢かというと、決してそうではありません。逆に、高級店の風俗嬢にはずれがないか、と問われるとやはり否といわざるをえません。
とりあえず最初は激安店は選ばないほうが無難でしょう。相場的に普通のお店を推奨します。

他に気をつけること

プレイ料金のほかに、指名料金と交通費がいくらかかるのかもチェックしておきましょう。都道府県にもよりますがプレイ料金が安くても交通費と指名料金を含めたら決して安くないというお店もあります。
交通費は市内や近郊であればたいていは無料です。観光地の沖縄でも市内から外れると、千円から二千円、高ければ五千円くらいもします。
まぁ、だいたい指名料金は千円から二千円が多いです。フリーはおすすめしません。顔が不細工なので(笑)
お店の受付の方が(今日はひまだけどあの子はいい子だから稼がせたい)と派遣してくる場合もありますが、指名のとれない人気のない場合があります。デリヘルは顔の世界ですからね。顔が悪ければサービスがよくても誰も指名しません。顔で選んでサービスを受けるわけですから第一印象が大切なのです。
人気店であれば、フリーでも外れはすくないようにおもわれます。フリーでだれがくるのかどきどきしながら待つのもいいかもしれませんね。
ちなみに私は今回ここ利用しました。